リスニング

ギターをやっている中学生・高校生におすすめ!コードFをテーマにリスニング力をあげる!

Pocket

Fコードを通して英語の読解力・リスニング力を高める!

今回はギターを始める人が挫折してしまう最初の難関、Fコードをテーマに英語のリスニング素材を作ってみました。
Fコードを今練習している人、頑張って練習して今は弾けるようになった人どちらもすごく使い易くなっているので、楽しんで勉強してみてください。

使い方

まずは使い方の説明をします。
それぞれの動画を毎日1.5倍速で2回ずつくらい視聴してみてください。そして聞いたら今度は訳さなくていいので文字を追ってもう一回聞いてみてください。

単語表

動画内で使われている単語を単語リストにまとめました。
ざっと目を通してわからない単語があれば最初に覚えておきましょう。(この動画内では中学2年生くらいまでの単語を知っていれば、あとはギターを弾く時に使う単語を頭に入れれば結構聴き易くなります)

動画の視聴

動画を見るときのコツは速度調整です。速度設定は1.5倍速、または2倍速にして視聴しましょう。
1回の動画が5分〜7分くらいで、それを1.5倍から2倍で聞くのですから合計で10回から20回くらい意識的に視聴できればとても良いです。
youtubeの速度設定方法はこちら

スクリプトも読む

スクリプトを頭にいれておくとリスニングを助けてくれますし、実際の単語がどのように発音、連結され、省略されるのかを実感することができます。
スクリプトも用意しましたので、参考にしてください。

通信量がかかってしまって困るという人は動画をダウンロードしてアプリに取り込んでおきましょう。
スマホアプリaudipoの使い方を参照して設定してみてください。

視聴習慣を作る

リスニング力は毎日の習慣の中から生まれます。気分で今日はやったり、明日はやらなかったりと習慣がぐらぐらしているとなかなか力がつきません。
毎日必ず確保できる時間、例えばトイレとか、通学の電車やご飯の前の15分とか、とにかくきちっと決めて行うのが大切です。

視聴頻度

上記の環境設定と方法で1日15分から30分も時間が取れればリスニング力は必ず向上します。

早速Fコード解説動画を使ってリスニングをしてみよう

上記の説明に軽く目を通したと思いますので、以下の動画をみてみましょう。まずは1.5倍速で5回くらい聞いてみましょう。
動画全体で5分13秒あり、1.5倍速で聞いても結構疲れる量がありますし、最初はこんなの聴き続けてリスニング力は本当に上がるのか?と疑問に思うかもしれませんが、大丈夫。まずは聞き取れなくで良いので集中して画面の情報をヒントに聞いてみましょう。

参照元:GuitarZero2Hero’s “How To Play The F Chord – 4 Easy Ways to Finally Master The F Guitar Chord”

導入部分


G’day guys my name is Dave Tran from guitar zero to hero and in this lesson I’m going to be teaching you how to finally play the F chord.
This is the most dreaded chord for every single beginner out there.
But I’m going to teach you four different ways of playing this chord, starting from the easiest version up to the dreaded F Barre chord.

From A to B
【該当部分】

starting from the easiest version up to the dreaded F Barre chord
一番簡単なバージョンからもっとも恐れられているFの正しいコードまで

【解説!】

From A to Bはとても大事な表現です。まずは覚えましょう。
この型は「範囲指定」をすることができます。
例えば、「赤羽岩渕駅から南鳩ヶ谷駅まで」ならfrom Akabane-iwabuchi to Minami-hatogayaという具合にできます。
出発点から終点のように考えておくと、今回のリスニングに出てくる表現では出発点が一番簡単なバージョンとなりますので、dreaded versionの意味がわからなくとも「もっとも簡単なバージョン」からもっとも遠い、「終点」なんだと推測することができます。
このようにイディオムを知っておくことでわからない単語の意味をつかむことができます。

もっとも簡単なFコード


So let’s start with the easiest way of playing the F chord.
We’re going to start with our ring finger.
Place that on the third fret of the fourth string.
Middle finger will go on the second fret of the third string and your index finger will go on the first fret of the second string.
We’re going to be muting every other string here so we’re only going to be strumming these three strings.
Your first string sixth and fifth string are all going to be muted and that’s the easiest way possible of playing an F for now.

2番目に簡単なFコード


The next F chord that you can play, which is probably more common and more acceptable is building off that easiest F that we just had.
So with all our fingers in that position our index finger is actually going to bar the first fret for the 2nd and 1st strings so you’re going to push that down for both strings and from the 4th string we have and that is the second easiest way to play an F chord and probably more common than that first one we learnt as well.

関係代名詞thatはリスニングでもやっぱり厄介だ!
【該当部分】

The next F chord that you can play
あなたが演奏できる次のFコード

【解説!】

関係代名詞のthatの理解はOKですか?
関係代名詞の目的格のthatは文章読解でもリスニングでも、さらにはスピーキングやライティングでもとにかく重要な文法です。
The next F chordのchordの部分をyou can playを用いて修飾するために関係代名詞thatを使います。
A. the chord(先行詞)
B. you can play the chord (関係詞節の元の文)
B.のthe chordを関係代名詞thatに置き換えて修飾したい語(先行詞)の直後に置いて、Bの残りの部分を関係代名詞thatの後ろに持ってきます。

この形にすることでThe next F chordがどんなThe next F chordなのかより具体的に表現できるようになります。
関係代名詞の基本を学習するなら関係代名詞(基本前提)を確認してください。
関係代名詞の目的格を学習するなら関係代名詞(所有格)を確認してください。

3番目に簡単なFコード


The third way we can play an F which starts to sound a bit fuller is by taking our ring finger and moving that up to the third fret of the fifth string and with our pinkie now we’re going to replace where our ring finger originally was and put that on the third fret of the fourth string so we have and that’s the third easiest way to play the F chord we’re going to not hit the sixth string. It’s just the fifth training onwards we’re still borrowing that first fret at 2nd and 1st strings.

関係副詞のwehreを使うとき先行詞のthe placeは省略可能
【該当部分】

with our pinkie now we’re going to replace where our ring finger originally was
それでは小指を、薬指がもともとあった場所に置き換えます。

【解説!】

関係副詞のwehreを使うとき先行詞のthe placeは省略可能です。
関係副詞というのはwhere, why, how, whenなどの疑問詞を関係代名詞のように使う文法です。
これらの特徴は先行詞が「場所」「理由」「方法」「時」などが先行詞になり、またその先行詞が意味的に明白なので省略することもできることです。

we’re going to replace the place where our ring finger originally was
whereの先行詞が場所であることがwhereという語からわかるので、the placeを省略して
we’re going to replace where our ring finger originally was
という文が出来上がります。

関係代副詞の基本を学習するなら関係副詞を確認してください。

4番目・もっとも難しいいオリジナルのFコード


Finally we have the hardest way of playing the F and the one that all beginners dread but you need to learn how to play this I can’t stress this enough it is so important because it’s going to form the basis of every other Barre chord that you’re going to play in the future.
So from our last position that we had we’ll just now take our index finger and we’ll place it across the whole first fret so now the sixth string will be hit on the first fret the second and first strings will also be hitting the first fret now strength-wise it’s really important that your thumb is behind the fret board here because it’s going to make it easier to clamp down this index finger onto the first fret. Now one little trick for this Barre chord is the fact that you don’t actually need to push down on every single string with this index finger. What are the main strings we need to ring out well it’s the sixth string the second string and the first string so that means you can really just only apply pressure down to the bottom here and ply pressure up at the top by just sort of curling your finger in a bit more when you’re pushing down and that way you’re only hitting the notes that really matter
and the F chord will sound fairly nice without you having to strain by pushing every single finger down just concentrate on that top string the second and the first string.

the fact that ~
【該当部分】

Now one little trick for this Barre chord is the fact that you don’t actually need to push down on every single string with this index finger.
人差し指で全ての弦を押さえていなくても良いということがちょっとしたら裏技です。

【解説!】

the fact that以下は「文」がきます。
文がくると言ってもそもそも文とは何かをしっかりと認識できていますか?つまらない話になりがちですが、文が文として成立するためには最低でも主語と動詞を一つずつ必要になります。(もちろん命令文などは例外ですが)

この認識はthat節の理解のためだけでなく、関係代名詞などを理解する上でもとても大事で様々な文の理解の基礎になります。
しっかり確認しておきましょう。

文型の基本を学習するなら英語の文型を確認してください。

それぞれの形の確認


Now with every single F chord that I’ve just shown you here, it’s really important that you play every string of that chord to make sure it rings out and then you can play that chord.
this is whilst you’re practicing the chord but it’ll really help you identify where you’re going wrong with the chords.
So for the easiest way of playing F make sure every strings reading gap and then plot them all together.
Then the second one, make sure they’re all ringing yet then strum them all together.
Then the third one make sure it’s all ringing up and strong more together.
And finally the real F chord all the notes are bringing out nicely now we can strum it.

make sure (that)は(that)以下を確認するという意味
【該当部分】

make sure it’s all ringing up and strong more together.
全部の弦がしっかりと鳴っていることを確認してください。

【解説!】

make sure that
make sureは「確認する」というイディオムです。後ろには色々な名詞の形を取ることができます。
例えば、代名詞のit, himや不定詞(名詞的用法)、そしてthat節などです。

色々な場面でたくさん使われるとても便利な表現です。ぜひ押さえておきましょう。

Dave Tranさんから皆さんへ最後の一言


So hopefully this will help you guys play the F chord that is so common in a lot of my tutorials and videos.
Be sure to head over to guitar zero to hero calm to pick up my free guitar ebook and also check out the bar chord lesson here for more clarification on Barre chords it would mean so much if you hit that like button hit that subscribe button leave your thoughts comments questions below and I’ll see you next time on guitar zero to hero Cheers.

単語リストはこちら

スクリプトの中で使われる単語をスプレッドシートにまとめました。活用してみてください。
単語リストを見る

フルスクリプトはこちら

フルスクリプトもGoogledocsにあげました。
フルスクリプトを見る

最後に

どうでしたでしょうか。

和訳文はこの記事に掲載していません。ご自身のFの感覚と動画をヒントにまずは文の意味を考えてみてください。
要望が多ければ、和訳文を効率的な学習に繋がる形でアップしたいと考えています。
具体的にリスニングの勉強の仕方がわかったかと思います。今回のような記事を他の分野でも作って欲しいという要望があれば積極的に作ります。ご連絡お待ちしております。

動画を作成したGuitarZero2Heroさん、素晴らしい動画を作成してくれてありがとうございます。
GuitarZero2Hero-san, Thank you for creating such a great movie.

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。