リスニング

中学生・高校生のベーシスト必見!RHCPのフリーのスラッピングでリスニング力をあげる!

Pocket

Red Hot Chili PeppersのFleaのスラッピングレッスンで英語学習!

youtubeの中には本当に素晴らしい動画がたくさんあります。
今回紹介するのもそんな中の一つです。

使い方

まずは使い方の説明をします。
それぞれの動画を毎日1.5倍速で2回ずつくらい視聴してみてください。そして聞いたら今度は訳さなくていいので文字を追ってもう一回聞いてみてください。

単語表

動画内で使われている単語を単語リストにまとめました。
ざっと目を通してわからない単語があれば最初に覚えておきましょう。(この動画内では中学2年生くらいまでの単語を知っていれば、あとはギターを弾く時に使う単語を頭に入れれば結構聴き易くなります)

動画の視聴

動画を見るときのコツは速度調整です。速度設定は1.5倍速、または2倍速にして視聴しましょう。
1回の動画が5分〜7分くらいで、それを1.5倍から2倍で聞くのですから合計で10回から20回くらい意識的に視聴できればとても良いです。
youtubeの速度設定方法はこちら

スクリプトも読む

スクリプトを頭にいれておくとリスニングを助けてくれますし、実際の単語がどのように発音、連結され、省略されるのかを実感することができます。
スクリプトも用意しましたので、参考にしてください。

通信量がかかってしまって困るという人は動画をダウンロードしてアプリに取り込んでおきましょう。
スマホアプリaudipoの使い方を参照して設定してみてください。

視聴習慣を作る

リスニング力は毎日の習慣の中から生まれます。気分で今日はやったり、明日はやらなかったりと習慣がぐらぐらしているとなかなか力がつきません。
毎日必ず確保できる時間、例えばトイレとか、通学の電車やご飯の前の15分とか、とにかくきちっと決めて行うのが大切です。

視聴頻度

上記の環境設定と方法で1日15分から30分も時間が取れればリスニング力は必ず向上します。
元記事:【重要】リスニング練習記事の使い方について

それでは早速フリーのスラッピングレッスンを聞いてみよう!


Next thing I’d like to talk about is slapping which is a style that I think was originated by Larry Graham of Sly and the Family Stone. But I’m not really sure who started it. He’s famous for it. He’s a fish guy that’s famous for it on the electric bass. Anyways and once again, this is a technique that is done several different ways and I have a way that I do it my flea way but I recommend you know the deeper that you explore the bass and deep review explore the technique that you not only develop your own style but but um study the styles of many people. So you can see what is comfortable for you.

that節の中の主語が関係代名詞になると文の構造がどうなっているか理解するのが難しくなります。
【該当部分】

a style that I think was originated by Larry Graham of Sly and the Family Stone.

ラリー・グラハムが最初に始めたであろうスタイルであるスラッピングです。

【解説!】

I think that S VのSが関係代名詞に!
該当部分に書き出した文、全体的に難しいのですが、RHCPのフリー好きのみなさん、頑張ってついてきてください。
この中で特にわかりづらいのが”style that I think was originated by Larry Graham”という部分です。
どうなっているのかというと、I think (that) the style was originated by Larry Grahamという文を使って今回の文の先行詞を修飾しているのです。

A. a style(先行詞)
B. I think the style was originated by Larry Graham(関係代名詞節)
A. の名詞(先行詞)を説明するためにB.の文を用います。Bの文のthe styleを関係代名詞thatに置き換えて先行詞であるA.の直後におきます。
B.のthe styleが関係代名詞として先行詞の直後に置かれたため、Bの文はthe styleが抜けた状態になっています。
そのthe styleが抜けた状態のBの文をそのまま関係代名詞のthatの直後におきます。
するとこのフリーの発言のような文が出来上がります。
学校の文法は英会話にもとても役に立っていることをRHCPのフリーが証明してくれていますね!

slappingテクニック基本(スラップ)


But the basic technique is is you strike a low string with your thumb with the bone that’s in the middle of your thumb right here and say if I’m striking the E string with my thumb you go you don’t go like this you strike it it’s like you just pop it you don’t you don’t lay your thumb down on it like this. It just will stop and you don’t try to go like that or strike it in any which any which way from any side you just pop down like that just a quick little pop and so you start just get comfortable doing that. Basically that’s all just amana I’m fooling around but it’s basically all just a bit like that and as you start to get more comfortable and you start to find rhythms that appeal to you that’s how you do it.

便利な表現”It’s like”と”like this”
【該当部分】

it’s like you just pop it you don’t you don’t lay your thumb down on it like this.

こんなふうに親指をおくのではなく、親指をこんな感じで跳ねさせる感じです。

【解説!】

ジェスチャーを使った説明との相性は抜群の表現
動画の中でフリーが親指の使い方を説明している場面でIt’s likeとlike thisが使われていました。
スラッピングをするときの親指の使い方をとてもわかりやすく説明してくれています。このlike thisやIt’s likeという表現は
スピーキングをする上で話す内容に大きな影響を及ぼす表現ではありませんが、例え話や、ジェスチャーを交えて話をする上でとても役に立ちます。

slappingテクニック基本(プル)


and the second half of this technique is the pulling up there’s you pop down with your thumb and then you you pull it up with I use my middle finger right here and if I’ll go on the D string and I’ll make an octave between the E’s which are just noting this node. I will slap down with my thumb and then with my middle finger. it will go underneath to D string and pull up like this pulling up like this I’m not even just and together and once again Takas just going up and finding it comfort zone how that feels for you so then you pop down with your thumb and then pull up with you with your finger if you do it together you started you start to learn how to do it you start inventing exercises for yourself and baselines that you like as your knowledge of the base and and and you know the your knowledge of the harmonics and the theory of music increases. You’d find different ways to do it.

練習のゴールは快適に感じるまで


But a technique that I have always used in the way that I learned how to slap the bass as I started making an octave like this and I started playing a rhythm that goes like this. I go and I just kept doing that until I started to I did it over and over and over again until I began to define comfort and define strength which is what comes from practice. You start to find comfort and strength and that’s what you need to be a good musician.

That’s what S Vという形はこの例文で頭に入れよう
【該当部分】

You start to find comfort and strength and that’s what you need to be a good musician.

快適さと自信を見つけるのです、それが良いミュージシャンになるためにあなたが必要なことです。

【解説!】

that’s what you need to be a good musicianの部分で使われるthat’s what ~という形は色々な場面で使うことができます。
例えば、
That’s what he said.
それが彼が言ったことです。
That’s not what I said.
それは私が言ったことではない。
That’s what I thought.
それが私が思ったことです。

じつはこれも関係詞で先行詞のthingと関係詞whichをまとめた表現です。
速度の早いリスニングはいちいち文法的に考えながら聞いていられないと思います。
できるだけ、表現に慣れてthat’ what ~という表現日本語変換しないで理解できるようにしておくのが良いと思います。
これはこの表現だけでなく、リスニング全体に通して言えるとこです。

フリーのスラッピングのまとめ

So and you know eventually you get faster and faster you smaller and the exercise that I do and what I still use to warm up every time before I play a show is I start doing octaves like that and I start to move the octaves up and down the neck playing octaves here with my left hand which is something that you know you’re going to learn as you study the bass and I go slowed it down. Keep going. Let me go down look and that’s how I develop my particular slapping technique um which you know I do it my own way I have my own way I’m not saying it’s the only way but that’s how I do it and that is the exercise that I developed for myself which is kind of the building block of this style that I developed is my Flea way of doing it.
So that’s slapping.

繰り返し聴いてください。フリーもライブ前は今でもオクターブでスラッピングを繰り返しているようです。

ベースを練習しているみなさんはきっと練習し続けるとどうなるのかということを実感として持っていると思います。
とにかく自分が快適で自信が持てるまで繰り返すのです。
頑張ってください!!

単語リストはこちら

スクリプトの中で使われる単語をスプレッドシートにまとめました。活用してみてください。
単語リストを見る

フルスクリプトはこちら

フルスクリプトもGoogledocsにあげました。
フルスクリプトを見る

最後に

どうでしたでしょうか。

和訳文はこの記事に掲載していません。ご自身のFの感覚と動画をヒントにまずは文の意味を考えてみてください。
要望が多ければ、和訳文を効率的な学習に繋がる形でアップしたいと考えています。
具体的にリスニングの勉強の仕方がわかったかと思います。今回のような記事を他の分野でも作って欲しいという要望があれば積極的に作ります。ご連絡お待ちしております。

動画を作成したレッド・ホット・チリ・ペッパーのフリーさん、素晴らしい動画を作成してくれてありがとうございます。
Flea-san, Thank you for creating such a great movie.

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。