grammar

接続詞 従属接続詞

Pocket

従位接続詞

接続詞には「等位接続詞」と「従位接続詞」があり、この記事では「従位接続詞」について解説する
主節に対し名詞・副詞に相当する機能をもって従属する節のことを従属節という。
この従属節を導く接続詞を「従位接続詞」という。以下それぞれの項目で出てくる例文の赤い部分は接続詞、そして青い部分は接続詞節となっている。

1. 名詞節を導く接続詞
1-1. that
1-2. whetherとif
2. 副詞節を導く接続詞
2-1. 時の副詞節を導く接続詞(when, while, as, before, after, since, as long as,他)
2-2. 原因の副詞節を導く接続詞(as, because, since)
2-3. 目的/結果の副詞節を導く接続詞(so that, in order that)
2-4. 条件の副詞節を導く接続詞(if, if only, unless, in case, provided that)
2-5. 譲歩の副詞節を導く接続詞(though, although, even though, if, even if, whether, while, as)
2-6. 比較の副詞節を導く接続詞(as)
2-7. 様態の副詞節を導く接続詞(as, as if, like)

1. 名詞節を導く接続詞

名詞節とは一つの文が「名詞」としてまとまっている状態だ。

1-1. that

主語として

That he pass the exam is certain.
彼は試験に通ったことは確かだ。

目的語として

I know that I know nothing.
私は私は何も知らないということを知っている。

補語として

The funniest thing is that he forgot fishing rod when we went fishing.
最高に面白かったのはみんなで釣りに行く時に彼が釣竿を忘れたことだ。

1-2. whetherとif

whetherとifはとても便利だが、使い分けには少し注意が必要だ。

【whetherを使う時】
主語になる場合

Whether he will come is not certain yet.
彼が来るかどうかはまだわからない。

補語になる場合

The problem is whether we can eat all these gyoza in last 15 minutes.
問題は僕らが残り15分でこの餃子を全部食べることができるかどうかということだ。

前置詞の直後に置く場合

Tell me about whether this is worth being one of our grand menu.
それが私たちのグランドメニューの一つになる価値があるかどうか教えてください。

不定詞とともに使う場合

We can’t decide whether to stay here or go.
私たちはここにとどまるか、それとも行くか決めれずにいた。

the question whether + S V(SがVかどうかという問題)という形

There remains the question whether the war is over now.
その戦争は終わったのかどうかという問題が残っている。

【ifを使う時】
他動詞の目的語になる場合

Nobody knows if she will pass the exam.
彼女が試験に受かるかどうかは誰にもわからない。

2. 副詞節を導く接続詞

副詞とは動詞や形容詞を修飾する品詞で、副詞節とは一つの文を「副詞」としてまとまっている状態だ。そして副詞節を導く接続詞には時・原因・目的・結果・条件・譲歩・比較・様態などがある。

2-1. 時の副詞節を導く接続詞(when, while, as, before, after, since, as long as,他)

Wake me up when when she falls asleep.
彼女が眠ったら起こしてください。

2-2. 原因の副詞節を導く接続詞(as, because, since)

His son was injured because he didn’t pay much attention.
彼は十分注意していなかったので息子が怪我をした。

2-3. 目的/結果の副詞節を導く接続詞(so that, in order that)

We practice this formation over and over again in other that we defeat them.
彼らを倒すために私たちはこのフォーメーションを何度も何度も練習した。

2-4. 条件の副詞節を導く接続詞(if, if only, unless, in case, provided that)

If only we could fly.
それが飛べたらな。

Unless you quit smoking, you will die of lung cancer.
タバコをやめないと肺がんで死ぬぞ。

2-5. 譲歩の副詞節を導く接続詞(though, although, even though, if, even if, whether, while, as)

Although he is not good at math at that time, he is a great math teacher now.
当時彼は数学が得意ではなかったが、彼は今素晴らしい数学の先生です。

2-6. 比較の副詞節を導く接続詞(as)

Old as he is, he does everything around him.
彼は年をとっていながらも、身の回りの全てのことをする。

2-7. 様態の副詞節を導く接続詞(as, as if, like)

Do as I said!
言った通りになさい。

She speaks as if she knows everything.
彼女は全て知っているかのように話す。

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。