英検情報

【英検3級】絶対アップ!長文読解(掲示物)の解き方 

Pocket

英検3級「掲示物」の解き方

英検4級を合格した後、英検3級も頑張ってみようと思って3級の参考書を買うと、ほとんどの人は長文が「本当に長文」で一気に自信喪失してしまいます。
長文は4級の倍程度ありますし、200語〜250語あるその文量を数分で読むというのは、学校の授業で文法の解説を聞きながらゆっくり読んでいる生徒に取っては非常にハードルが高いです。
しかし、読解問題はだいたいいつも3種類のパターンで構成されており、今回の記事で取り上げた掲示物系の問題はあまり苦労せず得点できる「おいしい問題」です。しっかり理解して確実に得点しましょう。

この記事の対象者

この記事では4級を合格して3級にチャレンジしようとしている人向けに書いてあります。

目指すところ

この記事を読んで頂いて目指していただくところは
「掲示物系の問題の解き方の習得」です。
この問題は文章を読む力というより情報の「すくい取り方」を問いているので、そこまで高い読解力は必要ありません。

ぜひゆっくり焦らず納得しながら進めていってください。

文を読む前に・・・

必ずやるべきことは設問をしっかりと読み、「何を聞かれているのかを正確に把握する」ことです。
設問を認識していないまま文章を読むとキーワードに敏感になれません。
これは当たり前のように聞こえますが、意外と長文読解で取れない人はこれをやっていません。

心構え

この手の問題はまず文章全部を読もうとしないこと。
そんな小手先のテクニックをと思うかもしれません。しかし、よくよく考えると日本語で書かれた学校の配布物でも全て読んでいません。
あなたがそういう掲示物を読む時は「何についての掲示物か」を把握した後は、5W1Hを自分の優先順位に合わせて並び替えた上で、その情報を探して取得しているのです。

英検の問題も同じ要領で行います。
ただし、「何についての掲示物か」を確認した後、5W1Hではなく、設問に対する該当箇所を探す必要があります。

実際に英検3級の過去問をみてみよう

では2018年の過去問で見てみましょう。問題は公益財団法人 日本英語検定協会のサイトはこちらから取得できます。

タイトルの確認

まずはタイトルを見ます。「Charity Event」とあるので、「ああ慈善イベントの案内なんだな」くらいで抑えておけばOKです。

設問文の確認

次は問題文を見てみましょう。

1問目

「もし雨でないのならイベントは・・・」とあるので、ここでは通常の開催場所を選択すれば良いです。

なので、黒線の枠の中にあるPlaceの項目の情報が正解になります。


問題文はよく読んで!!
If it doesn’t rainと書いてあります。「doesn’t rain」なので
rainという単語で黒線の直後にある「雨天の場合は」という文から選択肢の1を選択しないように気をつけましょう。

  • 1. in the city hall
  • 2. in front of the post office
  • 3. behind Brownsville Church
  • 4. at Brownsville Field
  • ここまでくれば難しくありません。
    4が正解です。
    1. は雨天の場合の開催場所
    2. は開催場所のBrownsville Fieldは郵便局の後ろ(behindなら正解)
    3. は文中になし
    4. は黒線の枠内にあるPlaceの箇所から
    では2問目を見ていきます。

    2問目

    「どうして教会はイベント開催するのですか」というもの。

    タイトルにチャリティイベントとあるのでまずはそれを再確認した上で、黒枠で囲まれた部分はイベントの詳細だとわかります。
    なのでここはざっと読み、太字の部分に着目。

    We’ll send all money from this event to a children’s hospital in India.
    とあるので、インドの子供病院にお金を送ると言っています。どうやらこれがこのイベントの目的のようです。

    では、選択肢を見てみましょう。

  • 1. To build a hospital in Brownsville
  • 2. To buy clothes for children in Brownsville
  • 3. To collect money for sick children in India
  • 4. To send toys to a city hall in India
  • Brownsvilleに病院を立てるという話はありません。
    Brownsvilleの子供に服を買うためという話もありません。
    インドの病気も子供たちへお金を送るためこれは文中にありました。しかもタイトルのHelp Sick Childrenにもマッチしています。
    4.は全ての単語が文中にあるので、一瞬正解のように見えますが、インドにあるシティーホールにおもちゃを送るという話はありませんでした。
    ということでこの問題は3が正解です。

    詳細情報はいつだって一番最後に案内される

    一番下のto find out~はよく掲示物に書かれている「詳細についてはこちらの文」です。
    www~.comや電話番号が載っていたら「詳細はこちらを」の話だなと予想すると良いです。

    どうでしたか。設問が2問しかありませんので、この問題はそれほど時間をかけずに溶けると思います。

    この問題をスムーズに解くためにの勉強法

    ●中学生で習う単語のほとんどの意味を理解しておく。単語の勉強の仕方はこちらの記事(【英検3級】の単語の勉強の仕方の完全マニュアル)
    ●設問文程度の英文は一読しただけで理解できるようにしておく。
    参考書の中に出てくる設問文は暗記するくらい繰り返し読みこなしましょう。

    このくらい勉強して手順通りに行えばほぼ正解できると思います。
    回答時間の目標は一問あたり1分から1分半程度でしょうか。

    掲示物の解法手順のまとめ

    ・掲示物のタイトルを読む
    ・設問を読む
    ・該当箇所を探す
    ・個数や年齢など数字には敏感に反応する。
    ・条件文は敏感に

    ・選択肢から正解を選ぶときは根拠を確認する。
    ・本当にその数字で合っているか(開始時間、人数、年齢など)を確認する。
    ・条件文の内容にマッチしているかを確認する。
    ・設問に対しての答えを選んでいるかを確認する。

    最後に

    読みこなすことで英文に対する慣れが生まれます。慣れると落ち着いて読むことができます。
    長文読解力が求められるの場面は英検だけに終わりません。大学受験や海外留学のための試験でも非常に求められます。
    さらに社会人になってからも読解力が備わっていれば様々な情報を英語で書かれたところから取得することができます。
    ぜひ大きな可能性を感じながら取り組んでください!

    Pocket

    コメントを残す

    *

    少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。