blog

BUZZFEEDが英語の勉強に役立つ3つの理由

Pocket

Buzzfeedが英語の勉強に最適な3つの理由

分詞構文

3行でまとめると・・・

Buzzfeedは短時間ですらっと読めるニュースや面白記事が盛り沢山。誰でも気軽に読めるのには、実は秘密があるのです。

もくじ

Buzzfeedは面白記事がいっぱい!
Buzzfeedが簡単に読める理由
実際にBuzzfeedを読んでみよう!
まとめ

Buzzfeedは面白記事がいっぱい!

みなさんはBuzzfeedをご存知でしょうか?FacebookやTwitterのリツイートでよく流れてくる、
「ダイエット中に絶対に食べてはいけない10の食材」とか「恋愛を成功させるための10の近道」といった感じの記事を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。今やネット上で見ないことはないくらいに広がっているこの類の記事。手軽に読めて、しかもおもしろい。ためになることもあったりします。ネットでニュースが拡散することを「バズる」といいますが、この「バズる」は「Buzzfeed」の「バズ」から来ているんですね。

そんなBuzzfeedを、英語の学習という視点から見たら、どう映るでしょうか。ともすれば、フィード上を埋め尽くして鬱陶しく思えてくるBuzzfeedの記事ですが、実は、英語教材として考えたとき、そこには今まで気がつかなかった価値が、あるのです。

今回は、Buzzfeedの手法に習って、トップ3カウントダウンで紹介していきます。これを読めば、あなたの長文読解力があがるかも!?

Buzzfeedが簡単に読める理由

No. 3 小学4年生でも読めるレベルの文章!

Buzzfeedの読み易さ、それはなにもカワイイ猫の画像がいっぱいだからというだけではないのです。実は読者に記事の内容が確実に伝わるように、文章のレベルをGrade 4(日本で言う小学4年生くらい)になるように心がけて、書かれているのです。

高校生や大学の英語の授業で、英語の記事を読むことがあると思います。例えばCNNなど。こういったいわゆる「本物のニュース記事」は、その性質上、難しい言葉や難しい概念を使うことが多いと言います。それは記事の長さに制約があったり、ある程度の専門性の高いトピックを扱うから、といった理由があります。一方のBuzzfeedは、より多く、より広範囲の年代の読者に読んでもらえるように、できるだけ難しい言葉を使わず、平易な言葉を使うように心がけているようです。

No. 2 1つの記事の長さを1分以内で読める長さにする

Buzzfeedの記事は、主に忙しい合間や通勤中など、短い時間に読めるように工夫されています。その工夫として、文字数をできるだけ短くしているのです。多読の速さを測る目安として、1分間にどれだけ読めるか、という指標、Word per minute(WPM)があります。英語中級者で150語/分、早い人で200語/分、さらに高みを目指す人だと250語/分を目標にするとよい、といわれています。では、Buzzfeedは何文字くらいで書かれているのでしょうか。実は、平均155文字だそうです。つまり、そこそこ英語力のある人なら、たった1分で記事が読めてしまうことになるのです。

たった1分で読めてしまうということは、それだけ内容もシンプルで、簡単に書かれている必要があります。No. 3で取り上げたように、簡単、かつ少ない文字数で書くことで、Buzzfeedは人気を集めているのですね。155文字なら、毎日苦労することなく、いつでも読めそうな気がしてきます。

No. 1 写真やGIFを織り交ぜる

新聞記事を読む時に、障害となるのが、紙面が文字で埋め尽くされていて、もうそれだけでよむ気が失せてしまうこと。Wall of textとはよく言ったもので、進撃の巨人よろしく、巨大な壁が私たちの前に立ちはだかります。一方のBuzzfeedは、写真や画像が多用されている、というか画像ばかりなので、読むことが苦になりません。

画像が多いので、文字だけの記事を簡単に説明してくれたり、より鮮明なイメージを想像できるようになります。たとえ単語力に自信がなくても、これなら簡単に読み進めることが出来ますね。

実際にBuzzfeedを読んでみよう!

ここまで、Buzzfeedがどうして英語教材に最適なのか、お話してきました。要点をまとめると、

①小学4年生でも読める簡単な文章
②平均155文字の短い文章
③写真や動画を多く盛り込んだ文章

この3つが、Buzzfeedを読み易い英語教材たらしめていることになります。

では実際に、Buzzfeedの記事を読んで見ることにしましょう。まるまる写すと怒られるので、一部分だけ引用するようにします。ちょうどトップ記事に上げられている、トランプ次期大統領と人気ラッパーのカニエ・ウエストさんが対談した記事を見てみましょう。

まずはこの文章。

Responding to a reporter who asked him why he had nothing to say about meeting with the president-elect of the United States, Kanye said, “I just want to take a picture right now” and finally smiled.
The two then smiled, shook hands, and Trump slapped Kanye on the back, saying, “So long man. You take care of yourself. I’ll see you soon.” Trump, who was accompanied by Ivanka Trump, then went back up in an elevator.

訳:次期アメリカ大統領との会談について問われたカニエは、記者の質問に対し、「写真が撮りたかったんだ」といって微笑みました。
二人はにこやかに笑い、握手をし、トランプ氏がカニエの背中をたたきながら「それではまた会おう、体を大事にな」と言いました。トランプ氏は(娘の)イヴァンカに伴われて、エレベーターへと入っていきました。

どうでしょうか。日本の中学校で習う単語と文法しか出てきていないのではないでしょうか。日本語訳も、手加減したわけではなく、このままのニュアンスで書かれているので、どれだけ平易に書かれているのかが、分かると思います。

trump-kanye

次の記事も見てみましょう。アップルの新製品、ワイヤレスイヤホンに関する記事です。

Looks like Apple’s new Airpods will arrive in time for the winter holiday shopping binge after all. On Tuesday morning the wireless earbuds became available for purchase online with a ship date of Wed December 21, the same day they will also arrive in Apple’s brick-and-mortar stores.

訳:どうやらアップル社の新製品Airpodsは冬の休日商戦に間に合うようです。火曜日の朝、ワイヤレスイヤホンの予約がネットショップで解禁となり、発送日も店頭と同じ12月21日水曜と決定しました。

この記事も、トランプ次期大統領の記事と同じく、簡単な文法で書かれています。日本での発売も楽しみですね!

airpods

まとめ

Buzzfeed。スマートフォンで簡単にアクセスできて、しかも短時間に手軽に読める。文章も簡単で、画像も沢山ついてくるから、文章の補完もしてくれる。時事問題や芸能人のポップなニュースまで、幅広いトピックをカバーしている。私たち英語学習者にとって、理想の教材と言えるのではないでしょうか。
もちろん、記事の内容に、いわゆる「まとめサイト」的な側面があることもあるので、内容の吟味は各々でする必要はありますが、それでも、この手軽さは、かなり捨てがたいのではないでしょうか。ほんのちょっとしたスキマ時間に、手軽に文章を読んで、長文読解力アップ。いかがでしょうか。でも、猫画像の見過ぎで時間を浪費しないように気をつけましょう!

参考文献

Scribblrs.com The Science Behind Buzzfeed’s Viral Article

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。