grammar

助動詞canの使い方

Pocket

「できる」という意味でおなじみのcanの使い方を説明する。ここで学習することは「助動詞」と呼ばれる品詞全体に通じる部分が多いので油断せず丁寧な理解に努めてほしい。

1. canとは?
2. canの使い方
2-1. 肯定文
2-2. 否定文
2-3. 疑問文と答え方
3. 疑問詞を含むcanの文
4. canの書き換え (be able to)とそれらの違いについて

1. canとは?

canは「助動詞」と呼ばれ、動詞の原形と用いて「〜できる」と訳すものである。
「〜できる」という意味以外にも以下のような
It can’t be happening!
(ありえない!)
驚きを表したりする時に用いることもあり、mustと近しい「〜にちがいない」という意味も持ってもいる。
しかし、それでも「〜できる」と理解しておけば、ほとんどの場合に問題なく対応できる。

2. canの使い方

疑問文や否定文で使う”do”と非常によく似ている。ここでは肯定文、否定文、疑問文の順に使い方を説明する。

2-1. 肯定文でのcanの使い方

肯定文で「can」を用いる場合は動詞の前にcanを置く。これだけである。

I swim.
私は泳ぐ。
I can swim.
私は泳ぐことができる。

このような具合で「主語+can+動詞の原形」の語順で作っていく。
canを含めて「助動詞」と呼ばれるものは基本的には上記のように使っていく。

2-2. 否定文でのcanの使い方

肯定文の作り方が理解できると否定文の作り方はとても簡単だ。
canの後にnotを置くだけです。もう一つの選択肢はcan not の省略のcan’tを置くかである。
これはdo notとdon’tを使うのと同じように考えれば良い。

I can swim.
私は泳ぐことができます。
I can not swim.
私は泳ぐことができます。
I can’t swim.
私は泳ぐことができます。

2-3. 疑問文と答え方

これもdoを使った疑問文と同じ理屈で対応できる。

You can swim.
あなたは泳ぐことができます。

Can you swim?
あなたは泳ぐことができますか。

助動詞のcanを文頭に持っきて先頭の文字を大文字にし、文の最後を?(クエスチョンマーク)で終わらせて完成だ。

答え方

Yes, Noで回答するのが原則だ。
Yes, 主語 can.
No, 主語 can’t/cannot.

3. 疑問詞を含むcanの文

疑問詞を含めた疑問文を作る基本は以下の通りだ。
疑問詞+疑問文
こういう単純な作りの理解はとても大切だ。
以下の例文を見て形を把握しておこう。

あなたはそこから何が見えますか。
What can you see from there?

(私は)どこでその時計を買うことができますか。
Where can I buy the watch?

(あなたは)誰に頼ることができますか。
Who can you rely on?

どうやってこの問題を解決できるだろうか。
How can we solve the problem?

どちらの色がよりはっきり見えますか。
Which color can you see clearly?

4. canの書き換え (be able to)とそれらの違いについて

canはbe able toと書き換えることができる。
ではそもそもどうして書き換える必要があるのだろうか。
canではなく、be able toを用いると他の助動詞と併用することできる。
時制によってその制限が少しあるので要注意だ。

現在時制の時

canでもbe able toでもどちらでも使用可能だ。
強いて言えばcanの方が一般的によく使われているといった程度の違いだ。
canには未来形と完了形が無いのでそれらを使う場合は必然的にbe able toを使うことになる。

I can ride a bicycle.
I am able to ride a bicycle.

She can play guitar.
She is able to play guitar.

過去時制の時

could と was/were able toを使う。
過去に持っていたが今は持っていない能力について話す時に使うことができる。

I could speak Japanese.
I was able to speak Japanese.

しかし、なにかひとつの出来事について話す時に使われる動詞にはcouldは使うことができない。

(○)She were able to receive a gift from her boyfriend after work yesterday, because her sister was her house.
(×)She could receive a gift from her boyfriend after work yesterday, because her sister was her house.

未来時制の時

be able to のみが使うことができる。
現時点で持っていないが、将来持つであろう能力について話す時にはbe able toを使い、canはまだ持っていない能力には使うことができない。

(○)I will be able to apply this job when I get this license.
(×)I can apply this job when I get this license.

文法問題を解くための知識は大学受験が終わると同時に価値が消失してしまう。
読むための文法知識、話すための文法知識と位置付けて英文のサイトや参考書を見てもらいたい。

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。