tv

物理 英語 おもしろ 実験 プレゼン や話し方のヒントを学ぶ

Pocket

物理 英語 おもしろ 実験 プレゼン

物理 英語 おもしろ 実験 プレゼン から強調の付け方を学ぼう

前回、物理 英語 おもしろ 実験 5問!において、物理のおもしろ実験映像について、紹介しました。

何回見てもおもしろい映像ですね。

さて、このページでは彼のプレゼンテーション、とりわけ話すときの強弱の付け方について解説したいと思います。この強調点を意識しながら、流れる音声にあわせて音読する「シャドーイング」などを行なうと、より英語のフローが身につきます。これを読めば、英語の音読や会話を上達させるためのヒントが得られますよ!

ナゼ話すときに強弱をつけるのか

詳しい解説に入る前に、ナゼ人は話をする時に強弱を付けるのか、考えてみましょう。
簡単に言うと、強調したいことがあるからです。
例えば、

(1)違いを強調したい
(2)主張を強調したい
(3)意味を強調したい

こういった理由が挙げられます。
なんだか、当たり前のことのように聞こえますよね。
でも、当たり前なことほど、見逃しがちなものです。
普段人と話すとき、いつも大声で話していては、あなたが何を伝えたいのか、伝わらなくなってしまいます。

それは日本語でも英語でも同じことです。

大事なポイント、伝えたいことを強調したい時に、言葉に強弱をつける。
英語を読むときも、どこを強調して読むべきか、考えながら読んで見ましょう。

第一問:バランス棒

Number one
Have a friend hold a cane out horizontally for you or another similar object.

-ここでは杖がトピックの中心なので、「杖の持ち方」を強調。

And putting your two index fingers together, try to place them underneath the center of mass.

「二本の指」「(重心の)下に」というところを強調。

When they let go, you will find it doesn’t normally work.

-この方法では「持てない」ことを強調。

But now try putting each index finger at opposite ends of cane and then moving your index fingers in towards the middle.

-ここで新しい方法を提示し、「杖の両端」から「真ん中」に動かすことを強調。

What you will find is that they always end up right under the center of mass of the cane.

「いつも」「(重心の)真下」に来ることを強調。

You can try starting off asymmetrically and they will still end up under the center of mass.

「不均等」な位置から始めても、「それでも」、重心の下に来ることを強調。

You can try going at different speeds.
Really slowly … or really fast.

「速度」を変えて実験することを強調。

But you still end up perfectly under the center of mass.
How does this work?

-それでも、いつも「完璧に重心の下」に来ることを強調。

第二問:電話投げ

Number two the phone flip

Have you ever tried to spin your phone?

-ここでは電話投げの話なので、「電話を投げた」ことがあるかという質問に強調。

If you do it in this direction it’s pretty easy. It stays nicely aligned.

「この方向」なら「簡単」であることを強調。

If you spin it along its short axis you’ll also find it spins very well.

「短辺」のほうでも「よく回る」ことを強調。

But if you try to flip your phone end over end like this, you can’t do it cleanly.

「対角にくるくる」回すと「うまく回らない」ことを強調。

The phone will never flip simply end over end without also rotating in one of the other directions.

「別の回転軸」が加わらない限り「回らない」ことを強調。

Even when I make an almost perfect flip, instabilities grow until the phone rotates around another axis.

-たとえ「上手に回そうとしても」「不安定」であることを強調。

Why can’t… No, I still can’t do it.
Why is it so?

「ナゼ」なのかという質問を強調。

第三問:カップ静電気

Number three.

You’ve probably seen that if you rub a cup on your hair, you can make it electrically charged.

-ここも新しいトピックなので、「カップを擦る」「静電気が発生」することを強調。

And if you bring it close to a stream of water, you can actually cause that stream to deflect.

-カップを水流の「近く」に持っていくことを強調。

Now usually this is used in chemistry textbooks as a demonstration of the polar nature of water.

-この実験が「水の電極」についての説明で使われることを強調。

Water is a molecule with a more positive side and a more negative side.

-水の分子には「正」の極と「負」の極があることを強調。

And so what happens, so you’re told, is that the water molecule flips around so the positive side of the water faces the negative side of the cup and that is what attracts the water to the cup.

-ここでは教科書で教わることを説明。水の分子の「正の極」がカップの「負の極」に引っ張られるから水が曲がるという説明している。

But this is not the real explanation. If you have a uniform electric field, there’s an equal force pulling the positive side towards it as there is pushing the negative side away from it.

-教科書的説明が誤っていることを、「引っ張る力」「押し出す力」に強調を置いて説明。

And so you can’t actually do more than just turn the molecules.

-分子をひっくり返すくらいのことしか「できない」ことを強調。

You would need a really, really strong gradient in your electric field to make this work at all, and it basically is just not going to happen from a cup.

-実際にそれをやるには「とても強力な」磁力が必要で、カップだけでは「できない」ことを強調。

So why is the stream actually attracted to a charged cup?
That is the question.

-では「ナゼ水は曲がる」のか。質問を強調。

第四問:シリアル磁石

Number four

Take a piece of your favorite cereal and drop it into a bowl of water.

-ここも話題が変わり、「シリアル」についての話なので、シリアルに強調を置いている。

Then using a very strong magnet, try to pull the cereal around.

-実験に必要な「強力な磁石」「引っ張る」ことを強調。

Isn’t that cool?
So why is cereal magnetic?

「ナゼ」こうなるのか。質問を強調。

第五問:ティーバッグロケット

And finally, five, the teabag rocket.

Take a teabag and cut off the sealed end very carefully.

-実験の手順、ティーバッグを「切る」ことを強調。

Now dump out the tea.
Form the teabag into a square column.

-切ったティーバッグを「角柱」の形にすることを強調。

And balance it on the plate.

-さらに「バランスよく置く」ことを強調。

Now light the top of the teabag on fire.

-続いてティーバッグに「火をつける」ことを強調。

Try to light it evenly on all sides.

-点火の注意点、「均等」にすることを強調。

Get ready to takeoff in three, two, one.

Ha, yeah!

That is the beauty of the teabag rocket.
So why did that happen?

「ナゼ」この現象が起きたのか、質問に強調。

So how do all of these phenomena work?

-全体を締めくくって、「ナゼ」こういった現象が起きるのか、質問に強調。

Let me know in the comments or make a video explaining any or all of them.
Or subscribe to the channel and I’ll post the answers next week.

-解答する方法として「コメント」「ビデオ」を投稿して欲しいことを強調。「または別の手段」として、チャンネルをフォローすることを強調。

まとめ

いかがでしょうか。

英語の発音や読解を上達させる手段として、シャドーイング、
つまり再生される音声にあわせて音読する方法がありますが、
今回取り上げたような、強調点を意識しながら読むと、
より英語の読み方、フローが身につくと思います。
ぜひ、試してみてください。

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。