感嘆文

Pocket

感嘆文

目次

1. 感嘆文とは
2. 感嘆文の作り方
2-1. whatを使った感嘆文
2-2. howを使った感嘆文
3. whatとhowの使い分け
4. 主語+動詞の省略
5. 疑問詞を使った疑問文との違い

1. 感嘆文とは

「なんて高いパソコンなんだ!」や「なんて暑い日だ!」と言いたいときは何と言うだろうか。
こういう表現を、感嘆文(なんて~なんだろう!)という。
感嘆文は基本的にはwhat、howを用いて表現する。

2. 感嘆文の作り方

2-1. whatを使った感嘆文

What a ( an )+形容詞+名詞+主語+動詞!

What a nice T-shirt this is!

What a good looking girl she is!

2-2. howを使った感嘆文

How+形容詞(副詞)+主語+動詞!

How nice this T-thirt is!

How good looking the girl is!

3. whatとhowの使い分け

上記のようにwhatとhowの使い分けがあるわけだが、感嘆文の主語と動詞をを除いた部分が名詞で終わっていれば what で、
名詞で終わっていなければ how になるとになる。
もう一度確認してみよう。

What a nice T-shirt this is!

What a good looking girl she is!

How nice this T-thirt is!

How good looking the girl is!

赤くした主語と動詞の部分を覗いてみると確かに「名詞が入っているならwhat」、「形容詞だけならhow」ということが分かる。

4. 主語+動詞の省略

感嘆文では、主語と動詞を省略することがある。
会話では、お互いに何が話題になっているか分かり切っている場合に省略されることが多い。

What a ( an ) +形容詞+名詞!

What a beautiful sunset!

How+形容詞(副詞)!

How amazing!

5. 疑問詞を使った疑問文との違いの判定

記号による判定

一つ目は?(クエスチョンマーク)である。
感嘆文は!(エクスクラメーションマーク)であるからこの違いは見分けやすい。

並び順による判定

疑問文は以下のような形になっている。
What/How+do(does) 動詞 + 主語?
 
What/How+be動詞 + 主語?

一方で感嘆文は
 
What a ( an )+形容詞+名詞+主語+動詞!
 
How+形容詞(副詞)+主語+動詞!
 
のように主語と動詞が肯定文と同じ語順になっている。


 

以上の2点から疑問文と感嘆文の違いを見分けることができる。

Pocket

AYM Englishの塾長 サイトの管理、運営も自身で行っている。 TOEICスコアは900点 大切にしている事は「やってみなければわからない!」精神で行動する事