挿入・同格

Pocket

Insertion Apposition 挿入・同格

文章の途中で、別の文章や単語を挿入することができます。

用途はさまざまですが、注釈を加えたり、強調したりするときに使われます。

Insertion Apposition

挿入

挿入の使い方

コンマ(,)やダッシュ(-)で囲むことで、文章を挿入します。

I went to see my uncle who, I thought, was injured in a car accident.

The general manager – I only met him once – silently walked in the office to surprise the workers.

After the initial discussion, however, the company shut down our shop without notice.

The gentleman behind my desk is, so I heard, a genius.

The weather will be clear on the weekend, I hope.

同格

名詞や代名詞を、あとから別の名詞句で説明することを、同格といいます。同格というくらいなので、両者の関係は対等となります。

同格の使い方

名詞句 + 固有名詞の場合はコンマ(,)などは使わずそのまま並べます。

My brother Kengo is now in Kagoshima.
(My brother = Kengo)

固有名詞 + 名詞句の場合は、コンマ(,)を使います。

The Simpsons, one of the most famous American animation, is popular in Japan as well.
(The Simpsons = one of the most famous American animation)

接続詞thatで同格を示す場合、thatがどの単語にかかっているのか、しっかり見極めるようにしましょう。なお、関係代名詞thatではないことに留意しましょう。

The fact that they did not tell me the truth made me uncomfortable.
(The fact = that they did not tell me the truth)

I gave him some of my books in the hope that they would be of any use.
(the hope = that they would be of any use)

Pocket

学生の頃は「モテない・サエない・イケてない」隅っこが指定席の目立たない子どもだったが、英語と出会うことで人生が一変。アフリカでのボランティアやオーストラリア留学、世界一周などを敢行する。英検1級、TOEIC965点。専門は国際関係論。