現在完了(完了・経験・継続・結果)

Pocket

現在完了形

時制の中でもかなりわかりにくい現在完了。時制にそこまで厳しくない日本語を使う私たちには、この文法は非常に相性が悪い。
が、理解をすれば、過去時制と混同することはなくなりより正確に文意を理解できるようになる。

目次

1. 現在完了とは
2. 現在完了の作り方
2-1. 肯定文の作り方
2-2. 否定文の作り方
2-3. 疑問文の作り方と答え方
3. 現在完了の意味すること
3-1. 完了
3-2. 経験
3-3. 継続・結果

1. 現在完了とは

現在完了形とは「現在時制」である。
ここは外してはいけない大切なポイントだ。
その上で現在完了とはなにかを考えると、「過去のある時点から”現在”まで続いている動作を表現する」ということになる。
英文法は端的に説明するとどうしても分かりにくくなりがちだ。ではより詳しく説明していこう。

2. 現在完了の作り方

まずは作り方だ。
現在完了の基本は
have + 過去分詞だ。

過去分詞を使っているから過去形と認識してはいけない。時制の影響はhaveの部分が受ける。
過去分詞には時制を表す機能はない。

2-1. 肯定文の作り方

Kenji has been to America.
(ケンジはアメリカに行ったことがある。)
肯定文は基本を再現するだけでできる。時制の影響はhaveが受けるので、haveがhasになっている。

2-2. 否定文の作り方

Kenji hasn’t been to America.
(ケンジはアメリカに行ったことがない。)
否定文も比較的単純だ。haveにnotをつければそれで完成だ。

2-3. 疑問文の作り方と答え方

疑問文の作り方

Has Kenji been to America?
疑問文を作る際にはhasを先頭に出す。それだけで残りの部分はそのままおいて、最後にクエスションマークを置くだけだ。

完了形の作り方は比較的簡単である。haveを一般動詞としてではなく助動詞として捉えれば簡単だ。

答え方

Have(Has) you 〜?
と聞かれているので「S + have(has)」の形で答えれば良い。

3. 現在完了の意味すること

完了形の難しさというか面倒くささは作り方ではなく、その「時」のニュアンスの捉え方にある。
そして完了形には4つの捉え方がある。完了・経験・継続・結果である。
ではそれぞれを見ていこう

3-1. 完了

完了は現時点でその動作を終えた「〜したところだ」時の表現だ。そして話の中心は動作を終えた「現在」になっている。
I have just finished doing my homework.
私はちょうど宿題を終えたところです。
ちょうど宿題を終えたことを表現するのに加えて「だから今私はしたいことができる。」などの完了形で表した文の結果として「現在の状況」が発生している」ということを意味を含んでいることは実はあまり認識されていないが重要なことだ。
例えば上の文に補足すると

I have just finished doing my homework.

So I can go shopping with my friend.

というように宿題が終わったから友達と買い物に行けるという「現在の状況」の原因として完了形が存在していることがわかる。

完了と判断するためのヒントになる語

just
already

3-2. 経験

経験は現時点で「〜したことがある」という表現だ。そして話の中心はその経験をした「現在」にある。
I have been to Canada so many times.
私はカナダに2度行ったことがある。

I have been to Canada so many times.
That’s why I want to move there.

完了の項目で説明した通り、完了形(have + 過去分詞)で表した文の結果として「現在の状況」が発生している」ということを意味を含んでいることは実はあまり認識されていないが重要なことだと説明したのはこの「経験」の項目にも当てはまる。

「たくさん行ったことがことがある」から引っ越したいという現在に繋がっていることがわかる。

経験と判断するためのヒントになる語

before
yet
ever
never

3-3. 継続・結果

継続・結果は「〜している・してしまった」という表現だ。これもくどいようだが話の中心は「現在」にある。

She has gone to Canada.
彼女はカナダに行ってしまった。
(行ったきり戻ってこない状態)

He has studied English for two years.
彼は2年間英語を勉強している。
(だから彼は英語がよくできる)

などもちろん( )の中にはその文脈で様々なことが入ることになるだろうが、現在完了とは過去に始まった動作が今に影響していることを伝える文法だということがわかる。

継続・結果と判断するためのヒントになる語

for
since

Pocket

AYM Englishの塾長 サイトの管理、運営も自身で行っている。 TOEICスコアは900点 大切にしている事は「やってみなければわからない!」精神で行動する事