music

John Oliver Pumpkin Spice から学ぶ比較級

Pocket

John Oliver Pumpkin Spice

John Oliver Pumpkin Spice が世間を席巻している!

いまやすっかり日本でも定着した、ハロウィーン。どのお店もオレンジ色のデコレーションをして、おばけや魔女の絵を飾ったり、かぼちゃにちなんだ商品なんかを猛烈プッシュしていますね。パンプキンパイであったり、パンプキンチョコであったり。パンプキンケーキなんかもありますね。
 

アメリカの番組「Last Week tonight」のホスト、John Oliverは、そんな世間の流行を、いつもの軽快でエッジの利いたコメントでバッサリぶったぎります。今回のターゲットになったのは、「Pumpkin Spice Latte」。つまり、カボチャ風味の味付けがついたカフェラテですね。日本だと抹茶ラテなんかもありますけど。
 

で、John Oliver曰く、「かぼちゃなんていつでも食べられるのに、なんでこの時期ばかり取り上げるんだ!そもそもパンプキンラテなんて、ローソクみたいな味しかしないじゃないか!」
 

なんでもアメリカでは一人年間5ポンド(2.2kg)もカボチャを消費するそう。この数値の高さに、John Oliverは驚いているんですね。
 

Crazier thanを学ぶなんてcrazier!

ここでもう一度クリップを見てみましょう。

Five pounds of pumpkin per year is crazier than the fact that we allegedly swallow eight spiders in a lifetime. Why is it crazier? Because there is no way a pumpkin has ever crawled into my mouth while I was sleeping!

 
「crazy」の比較級は「crazier」です。Be動詞と比較級に添える「than」をつけて、「is crazier than」となります。
 
ここでミソとなるのが、この「is crazier than」がつなげている文章。
 
Five pounds of pumpkin per year
 
is crazier than
 
the fact that we allegedly swallow eight spiders in a lifetime.
 

よく見ると、前半は「Five pounds of pumpkin」、後半は「the fact(以下の文章)」と、名詞(名詞節)をつなげているのがわかります。このように、「名詞(節) + 比較級 + 名詞(節)」となるのが、基本的な形です。
 

このほかにもたとえば、
 

Tamesue runs faster than the speed of light.
(為末は光の速さより早く走る)

この場合は、「主語動詞 + 比較級 + 名詞」と、文章と名詞を比較することもあります。これも覚えておきましょう。

この他にも、John Oliverの番組は大変勉強になるので、チェックすることをおすすめします。イギリス人のOliverが、茶化しながらも鋭くアメリカの社会問題をぶった切る様は、痛快ですよ。

Youtubeのリンクはこちら

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。