レディー・ガガさんに手紙を出そう!

Pocket

レディー・ガガさんに手紙を書こう!

レディー・ガガ

もくじ

レディー・ガガさん来日!
レディー・ガガさんに手紙を出す!
レディー・ガガさんへの手紙公開
まとめ

レディー・ガガさん来日!

2016年現在、もはや世界最高のセレブレティと言っても過言ではない、
レディー・ガガさん。
この度新作アルバムのプロモーションで来日しましたね。
ニュースやワイドショーに引っ張りだこでした。

そんなガガさんに、手紙を出そう!
手紙が届く頃にはアメリカに帰ってるだろうけど、
ぜひとも、インタビューを見た感想を伝えたい!

ということで、手紙を急いで書いてみました。

レディー・ガガさんに手紙を出す!

今回手紙を出すことに思い立ったのは、テレビでガガさんが
インタビューを受けていたからです。
ガガさんがインタビューを受けること自体は特に珍しいことではないのですが、
ガガさんの信念を感じさせる、力強い言葉を聞くことが出来たので、
うれしくなって筆をとった感じです。

レディー・ガガさんといえば、その過激なファッションもさることながら、
社会奉仕やボランティア、いじめ撲滅など、社会的な活動も一生懸命おこなっていることでも有名です。
よくセレブがこういった「イイコト」をしていると、
やっかみから偽善者、などというレッテルを貼られてしまったりします。
しかし、今回のガガさんのインタビューを聞くと、
彼女は自身の信念に基づいて行動していて、
決して人気取りなどのためではないことが、わかります。
自分の信じることを実現するために頑張る姿は、
私たちにも力を与えてくれますね。

レディー・ガガさんのインタビュー:

レディー・ガガさんへの手紙公開

私の直筆の手紙はこちらです。↓
*(手紙の内容はあくまで個人的な意見であり、当塾の政治的意見を反映したものではありません)

レディー・ガガ

レディー・ガガ

今回で5通目となりました。本人が日本にいるときに、本人出演映像を見ながら書いたので、レディー・ガガさんをより身近に感じました。
ガガさんのように、多方面で活躍している方って、本当にすごいですよね。
でも、ここで「レディー・ガガはセレブだからできるのであって、私には無理だわ」と思ってしまうのは、違うんじゃないか、と思うんです。
手紙の中にも書きましたが、レディー・ガガさんのような方を
ロールモデルとして、では自分なら何が出来るだろう?
どうすれば世の中を良くすることが出来るのだろう?
といった具合に、彼女を参考にして、自分なりに、
自分の出来る範囲で、アクションを起こすのが大事なのだと思います。

そうやって、私を含む多くの人に力を与えてくれる、レディー・ガガさん。
素晴らしい方ですね。
英語も聞き取りやすいので、歌詞と共に、英語学習と称して
ガンガン聞きまくりましょう。

まとめ

今回は、世界的歌姫、レディー・ガガさんに手紙を書きました。
ちょうど日本にプロモーションで来ていて、
テレビにも出演していたので、思い立ったが吉日で、
大急ぎで手紙を書きました。
ちょっと乱雑な部分もありますが、その時の思いをしたためるのも、
大事なことなのではないでしょうか。

相手に読んでもらう、読んでもらうことで気持ちを伝える、伝えようとする。
こういった、相手を強く意識した文章を書く、という体験は、
EメールやLINEが普及している現代では、
なかなか味わえなくなっているのではないでしょうか。
パソコンの利便性は捨てがたいものだし、
また廃れることはまずないでしょう。
だからこそ、原点に戻って、自分の手で手紙を書いてみる。
ぜひあなたも一通、書いてみてはいかがでしょうか。

もちろん、手紙の文章に関する相談も受け付けますので、
お気軽にどうぞ。

Pocket

学生の頃は「モテない・サエない・イケてない」隅っこが指定席の目立たない子どもだったが、英語と出会うことで人生が一変。アフリカでのボランティアやオーストラリア留学、世界一周などを敢行する。英検1級、TOEIC965点。専門は国際関係論。