バングラデッシュのテロはどうしてカフェで起こったんだ?CNNの記事から英文構造を学ぶ

Pocket

バングラディッシュのテロがどうしてあの場所で起きたのかという問いから英語の文章構造を考える。

バングラディッシュでテロが起こった。
犠牲者は日本人とイタリア人が犠牲になったようだ。
CNNは記事の中でどうしてカフェ(bakary)で起きたのかを推測していた。

まずは英文を読んでみよう。

原文:

  • 1. Why did it happen at the bakery?
  • 2. It’s more likely because of the bakery’s location: Gulshan.
  • 3. Gulshan is one of Dhaka’s most affluent neighborhoods.
  • 4. Perhaps more importantly for the attackers, it’s a diplomatic enclave.
  • 5. Most of the embassies and high commissions have a presence in Gulshan.
  • 6. Residents in the neighborhood expressed shock because the upscale neighborhood
    was considered safe with buildings behind walls, gated driveways and security guard booths.
  • 7. Holey Artisan Bakery had become a popular destination for expats and diplomats,
    and attackers may have chosen it hoping for maximum global impact.
  • 参照:CNN:Dhaka cafe siege: All 20 hostages killed are foreigners, military says

    日本語訳を読んでみよう

    日本語訳:

  • 1. なぜカフェで起きた?
  • 2. それは「ガルシャン」という土地柄によるもののようである。
  • 3. ガルシャンはダーカの最も裕福なエリアの一つである。
  • 4. おそらくテロリストにとってそのエリアが外交の場所だからだ。
  • 5. ほとんどの大使館や委員会がガルシャンにはある。
  • 6. この地域の居住者はショックを受けている、なぜならこのエリアは塀の中にある、門が設置されており、セキュリティーガードのブースまで置いてあるのだ。
  • 7. Holey Artisan Bakeryは駐在員や外交官に人気があり、だからこそテロリストは世界中に対する事件の影響力を高めるためにこの場所を選んだのかもしれない。
  • とても悲惨な事件である。こういう事件は自分の住まいでも十分に起きうるものだと考えさせられてしまう。亡くなられた方々にはご冥福をお祈りいたします。

    文章に関して

    文章自体は非常にわかりやすかった。
    問題提起(どうしてそのカフェで起きたのか)
    結論(土地柄によるものだ)
    理由1(その土地について)
    理由2(どうしてテロリストがそこを選んだのか)

    構造がわかりやすいと理解しやすいだけでなく、記憶に残る。これは論文にも共通した点だ。
    この記事のように文章にはルールがある程度ある。
    そのルールをしっかりと知って、慣れていることが文をストレスなく理解するために必要なことである。

    Pocket

    AYM Englishの塾長 サイトの管理、運営も自身で行っている。 TOEICスコアは900点 大切にしている事は「やってみなければわからない!」精神で行動する事