grammar

不定代名詞 One

Pocket

不定代名詞 One

不定代名詞 One

不定代名詞とは

不特定の人・物・数・量を表す語です。
代名詞全体に通じることですが、代名詞が何の代わりとして使われているのかを、常に把握するのは、とても大切です。
把握できなければ、文を読み進めることが難しくなります。
しっかりと把握するためにも、それぞれの代名詞が、どのような役割を果たすのかを、理解しておきましょう。

不定詞代名詞の種類

意味 複数形 否定形 不可算名詞の代名詞になれるか 形容詞を前に置けるか 形容詞用法
one もの、人 ones no one, none ×
another 別のもの、人 × ×
other 他のもの others ×
some いくらかのもの、人たち none ×
any いくらかのもの、人たち none ×
each それぞれのもの、人 × ×
all すべてのもの、人 none ×
both 両方のもの、人 neither × ×
either 片方のもの人 neither × ×

不定代名詞 Oneとはどれでもいい一つのもの、人

  1. an+既出の名詞の代わりにつかう
  2. He has a nice watch. I want to have one.
    彼はいい時計を持っている。私もひとつ持ちたい。

  3. 一般の人を表すために使う
  4. One should practice hard if he wants to win.
    もし勝ちたいなら一生懸命練習しなくてはならない。

不定代名詞 oneと代名詞 itの違い

不定代名詞のoneは、特定されていない名詞の代わりに使います。一方、itは特定している名詞の代わりに使います。
以下の例文で比べてみましょう。

1. He wants to sell his book. I want to buy one.
彼は本を売りたくて、私は本を買いたい。
2. He wants to sell his book. I want to buy it.
彼は本を売りたくて、私はそれを買いたい。

1のoneは、特に買いたい本が決まっているわけではなく、彼は本を売りたくて、私は本を買いたいという事を表現しています。
ちなみに数量は1(冊)です、
2のitは、彼の売りたい本(特定の本)を買いたいということを指してます。
これが特定しているか、特定していないか、ということの違いです。

the otherとの対語の関係

one(the one)とthe other(the others)はしばしば対語として使われます。
I have 3 books right now. One is written in English, and the others are written in Japanese.
今3冊本を持っています。1冊は英語で、他の2冊は日本語で書かれています。

その他の不定代名詞

「別の一つのもの、ひと」を表す”another”
「他のもの、ひと」を表す”other”
「いくらかのもの、ひとたち」を表す”some”
「いくらかのもの、ひとたち」を表す”any”
「それぞれのもの、ひと」を表す”each”
「すべてのもの、ひと」を表す”all”
「両方のもの、ひと」を表す”both”
「片方のもの、ひと」を表す”either”

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。