study tip

英語ができない 根本的な理由は日本語にあった

Pocket

英語ができない 根本的ない理由は日本語にあった

どうして英語ができないのか

英語ができたらいいなとは思っているけど、英語はよくわからないという人はとても多い。
全体の数パーセントの人ができないのなら個人の能力や勉強方法に問題があると言えるが、英語ができない人の数を考えれれば根本的に指導方法に問題があるのではないかと思わざるをえない。そうは言うものの指導内容の構成はすごくよくできているし、日本の学校の英語の先生たちが特に質が悪いということもなかなか考えにくい。一体原因は何なのだろうか。

問題は英語ではなく日本語にあり?

自分が英語の授業を受けていた頃のことを考えたり、自分が授業を行う中で気づいたことは英語自体が難しいからではなく、それを教える日本語が難しいからだということだ。これは非常に問題だ。
なぜなら知らない言語を知らない言語で勉強しているという状態だからだ。これではすぐにわからなくなる人がたくさん出てくる。
極端に言えば「フランス語を使って韓国語を勉強する」というのと同じである。

日本語のどの部分がわからないのかを特定する。

それではどの部分が「分かる日本語」ではないのだろうか。
それは「品詞」である。英語が分かると品詞という分類が非常に便利で品詞なしで英語を教えることは不可能だと感じてしまうほどだ。だから授業では進めば進むほど品詞を用いた説明が多くなる。そうすると「わからない日本語」が増えるので理解できない部分が増えていく。
なのでここで一旦英語の勉強の前に日本語(品詞)を徹底的に鍛えるべきだ。

完璧でなくていい。ざっくり理解しろ!

品詞はたくさんあるが、辞書に載っているほど細かく覚えなくて良い。英語の勉強が理解できる程度で十分だ。

ピリオドで区切られる単語のかたまり。原則的に文には主語と動詞が一つずつ含まれる
主語と動詞を「含む」単語の集まり
主語と動詞を含まない単語の集まり
修飾 飾ること
名詞 人や物の名前を表す語
動詞 主語の動作・状態・存在を表す語
形容詞 名詞を修飾する語
副詞 名詞以外(動詞・形容詞・副詞・文)の語を修飾する語
主語 文の主体・動作主・主役・主人公(どれでもしっくりくるので覚えると良い)
補語 主語と=(イコール)で結べるもの
目的語 一般動詞の後ろにくる名詞。〜を、〜にという役になる。目的語は「鬼(を・に)目的語」と私は覚えた
接続詞 語句・文をつなげる語。文と文をつなげれば主語動詞は一つの文の中に2つずつになるということ
前置詞 名詞の前に置く語。空間的・距離的なことを表現する。他にも使い方があるので都度覚えると良い。

まずこれらを覚えた上で勉強は開始されるべきなのである。

大事なのは「知識の定着には時間がかかる」ということを認識すること

これで先生と同じ言葉を使って英語の勉強ができる環境が整った。
しかし、覚えただけではすぐに使えない。だが心配は無用だ。品詞の意味をノートにコピペしてわからない度に見直すのだ。そうすれば1ヶ月くらいでかなり品詞に慣れるはずだ。

最後に

英語の勉強でわからなくなったら「どこでわからなくなったのか」をじっくり考えてみると良い。試行錯誤して問題点を見つけ解決するというプロセスこそ学校という学びに徹することのできる「有限」な期間に学ぶべきことだからだ。

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。