study tip

シングルマザーの大学生を救った大学教授の小さな親切 【ウェブ記事文法解説】

Pocket

イイ話を読みながら英語を勉強しよう!

皆さんはネットで記事を読みますか?これだけネットが発達すると、記事の多さに驚いてしまいますよね。せっかく忙しい時間を割いて読むのですから、ただ読むだけでなくて、ちょっとイイ話に感動したり、目から鱗なお得情報を得たいですよね。しかも英語の勉強にもなったら、一石二鳥の話ではないですよね。

ということで、ネットで見つけたちょっとイイ話などをここで紹介して、心がホッコリさせつつ、ついでにちょっと英語の勉強もしよう!というのがこのシリーズの趣旨です。

 

シングルマザーの大学生を救った大学教授の小さな親切

ソースのURLはこちら

シングルマザーの大学生を救った大学教授の小さな親切

 

この記事を簡単に要約すると、

“昼間働きながら、夜間に大学に通うシングルマザーの生徒が、ある日どうしても授業に2歳の子どもを連れて行かなくてはならなくなった。子どもが騒ぐのではないかと不安でいっぱいだったお母さんだったが、教授の示した小さな親切に、彼女は胸が一杯になった。”

 

子どもが小さいと、どうしても言うことを聞いてくれなくて、周りから冷たい目で見られるなんて経験は、悲しいことですが、小さい子を持つ親御さんは一度は経験したことがあるのではないでしょうか。そうした時に、周囲の方から手を差し伸べてもらえると、とてもうれしいですよね。

 

今回のキーフレーズ:Dealing with all those issues only magnified…

さて、ほっこりしたところで、ちょっとだけお勉強の時間といきましょう。

Dealing with all those issues only magnified Bunkowske’s small act of kindness for Osbon. He is not the first professor to show some sympathy for students who are parents, as a professor in Israel was part of a viral photo in May featuring him calming a student’s baby.

Deal with ~は「扱う」とか「対処する」という意味の動詞です。これが「Dealing with」と「~ing」形になることで 「動名詞」という「名詞」になるわけですね。こうすることで、「Dealing with~」がこの文章の主語となり、「magnified(倍増する)」がこの文章の、いってしまえば「本物の動詞」となります。

All those issuesとは、このお母さんが日々直面している、世間の冷たさであったりするわけですが、これと毎日戦っている(対処している)お母さんは、教授の小さな親切が倍増されて感じられた、つまり大いに感動した、という訳となります。

いかがでしょうか。もっと解説を聞いてみたい!というかたは、問い合わせフォームからどうぞ。

 

少子化社会が叫ばれて久しいですが、ほんの小さな優しさを示すだけで、世の中ずっと住みやすくなる、そう思わせてくれる記事でした。

 

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。