NHKで気軽に見ながら英語が勉強できる特選5番組!

Pocket

NHKで気軽に見ながら英語が勉強できる特選5番組!

侮る無かれ、NHK!

NHKの受信料、払ってますか?引っ越しした先にさっそく訪問してきて「受信料の支払いお願いします」なんて言われて驚く人も多いでしょう。
せっかくお金を払っているのだからフル活用しなきゃ勿体無いですよね。というわけで、私が個人的に選んだ、NHKで放送している英語番組をNHKで気軽に見ながら英語が勉強できる特選5番組!としてご紹介します。
あらかじめお断りしておきますが、番組の性質上、若干レベルは高めです。中級者以上の方を想定して選んでいることをご了承ください。
「英語がぜんぜんわかんなーい」という人でも、日本語でも楽しめますので(当然ですが)、時間があるときに、ちょろっと見てみてはいかがでしょうか。

1)俳優・篠山輝信さんが体当たりで挑戦!「しごとの基礎英語」

NHKで気軽に見ながら英語が勉強できる特選5番組!

火曜午前1時~1時40分(4回分)
番組URL:www2.nhk.or.jp/gogaku/english/jobkiso/
架空の会社を舞台に、篠山さん以外のキャストにはセリフ(台本)がありますが、篠山さんはまったくのアドリブで英語で会話する、というのが趣旨です。
会社の公用語が英語、という設定なので、社会人の方の中には似たような状況の人もいるかもしれませんね。
周りが英語だらけという状況で、毎回出される課題(上司に○○を伝えて!など)をどうやってクリアするか、篠山さんと一緒になって考えるのが楽しいです。
番組では、篠山さんが話した英語がどうだったか、スタジオでネイティブの講師が3段階評価をし、さらに日本人講師が解説してくれます。
面白いのが、時々、ネイティブの講師が問題ない、十分通じる、と判断した表現、言い回しでも、日本人講師に言わせるとココが間違ってる、とか、こういった表現の方が適切である、など、ネイティブでも気が付かなったところを日本人講師がちゃんと指摘してくれること。
ちょうど日本語でもありますよね。日本人同士だと気にならない表現でも、言語の専門家に言わせるとそれは間違ってる、なんていうことが。
そういうやりとりもまたいい勉強になりますし、英語という言語を多角的に捉えるいい機会になります。
余談ですが、劇中に登場する金髪の男性は、チャドさんというオーストラリア出身の方で、実はお笑い芸人です。妻夫木聡さん主演の映画「ジャッジ!」にも出演しています。

2)プレゼンの勉強をするなら超定番!「スーパープレゼンテーション」

NHKで気軽に見ながら英語が勉強できる特選5番組!

水曜午後10:25ー10:50
番組URL:www.nhk.or.jp/superpresentation
各業界で活躍している著名人が、大観衆の前でプレゼンテーションをするのを、日本語字幕付きで見られるこの番組。
さすが、各界の有名人が話すだけあって、とても勉強になります。
自分の知らない世界の事柄を学べるのもそうなのですが、どうすれば良いプレゼンテーションができるのか、そのテクニックなどを学ぶのにも最適ですね。
中には聞いててつまらないなーとなる回もありますが(失礼)、それは逆に、なぜ自分が惹きつけられてないのかを研究するチャンス。
トピックに原因があるとすれば、それは自分の無知に依るものだし、プレゼンの手法に問題がある(ひたすら統計を読むだけとか)とすれば、そういうプレゼンをしないようにすればよい、など、とにかく学びの機会に溢れています。
英語の「種類」も豊富で、アメリカンの英語、ヨーロピアンの英語、白人、黒人、アジア、スペイン語圏など、様々な英語に触れられるのも良い機会ですね。
これで、自分がどういう英語が聞き取りにくいのか、またどういう英語が聞きやすいのか、英語を話す上での学習にもなります。

3)英国人から見た日本食とは!?「英国一家、日本を食べる」

NHKで気軽に見ながら英語が勉強できる特選5番組!

木曜午前0:40ー1:00
番組URL:www9.nhk.or.jp/anime/sushi
フードライターを生業とする英国人マイケルとその一家が日本にやってきて、あらゆる日本食を食べつくす!アニメなので、気軽に見れますし、なにより日本食に関する情報が豊富で、とても勉強になります。
日本文化に興味があるけど詳しく知らない、そんな外国の方向けに作られているのではないかと思えるほど、とても丁寧に作られています。
それでも、例えば正しいダシのとり方など、私自身も(恥ずかしながら)知らなかった基本情報もちゃんと押さえているので、日本食、ひいては日本文化の再発見にもなります。
リモコンで副音声にすれば英語音声になるのですが、驚きなのが、そちらの声優も日本人が行なっていること。
それでいて、イギリス的アクセントがしっかり出ています。正直「えっ日本人なの!?」と驚くほどの発音です。
原題がSushi and Beyondなのですが、ぜひ原著を読んでみたいですね。クールなネーミングです。

4)おちゃめなハンクのちょっと特別な日常!「ハンクーちょっと特別なボクの日常」

NHKで気軽に見ながら英語が勉強できる特選5番組!

放送終了
番組URL:www9.nhk.or.jp/kaigai/hank/
英国で放送された、ディスレクシア(読み書き障害)を持つ少年が学校で巻き起こす、ユーモアにあふれた人間ドラマです。
残念ながら放送は終了しているのですが、ネットをさまよえばきっとどこかで見ることができるでしょう。
読み書き障害というのが、私にとって耳慣れない言葉だったのですが、この番組を見ることでどういうものなのか、少しだけ理解出来ました。
ちょうどハリウッド俳優にも似たような障害を抱えている方がいる、なんてカミングアウトを最近よく耳にしていましたが、実際にドラマで、特殊効果を使いながらわかりやすく描写されています。
と、書くと、なんだ障害についての話なのね、という印象を持たれるかもしれませんが、そんなことは、このドラマの持つ魅力、プロットのおもしろさ、ハンク君のハチャメチャな行動力を目の当たりにすると、どこかに吹き飛んでしまいます。障害を個性として捉え、そこにフォーカスを当てるのではなくて、あくまでキャラクターの一部分である、という描き方がとても印象的です。
・・・ドラマの紹介になってしまいましたね。英語は当然英国訛りなので、アメリカ英語にどっぷり浸かっている方には、新鮮に聞こえること請け合いです。
イギリスの学校って、楽しそうですね。

5)日本のニュースを英語で聞こう!「NHKニュース9」

NHKで気軽に見ながら英語が勉強できる特選5番組!

月曜~金曜午後9:00
番組URL:www9.nhk.or.jp/nw9/
最後にご紹介するのは、夜9時から放送しているニュースです。「えっニュース!?」と思う方も多いでしょう。
実際、学校や英会話教室の教材に使われるニュース素材といえば、BBCやCNN、Voice of Americaなどが主流でしょう。
ですがここでは、日本で毎日放送されているニュースを取り上げます。なぜか。それは、「同時通訳」が放送されているからです!
英語の中でもトップクラスの難易度といっても過言ではない通訳。特に難しいのは、他人が話しているそばから通訳を開始する「同時通訳」、それを生放送で行なっているのです。
しかも天下のNHK。間違えちゃった☆は許されません。
とてつもないプレッシャーの中、その卓越した語彙力と表現力で、キャスターが読む原稿を通訳する。
これはものすごいことです。今英語を勉強している方には、ぜひ机に向かうのを一休みして、テレビの前に座ることをおすすめします。
この衝撃は半端ないですよ。
英語を勉強するための教材としては、ちょっと異質といえるかもしれません。
日本語で見聞きしているニュースを英語で聞くことで、さらに理解を深める、ということは望めるかもしれません。
むしろそういうふうに活用するべきでしょう。ですが、ここは一つ、「英語を極めるとここまでできるのか!」と素直に驚き、これを目標に頑張ろう!というモチベーションに変換するために試聴する、というのはいかがでしょうか。
余談ですが、私が見た日のお天気のシーンで、日本人キャスターが季節の移り変わりについて冒頭で話しているのに、通訳の人が「Weather Watch」の一言で片付けていたのが印象的でした。
そこは通訳しないんかい!と一人ツッコミをいれてしまいました。

以上、おすすめ番組をご紹介してみました。勉強の秋も深まりつつあることですし、ちょっとだけNHKを見てみては、いかがでしょうか。

Pocket

学生の頃は「モテない・サエない・イケてない」隅っこが指定席の目立たない子どもだったが、英語と出会うことで人生が一変。アフリカでのボランティアやオーストラリア留学、世界一周などを敢行する。英検1級、TOEIC965点。専門は国際関係論。