study tip

英語は自分の得意分野に追い込んで勉強する

Pocket

英語は自分の得意分野に追い込んで勉強する。

得意分野を持っていることは英語でも有利に働くよ



英語勉強する時についつい文法問題とか長文読解のテキストに走ってしまう。
間違っていないけど、正解でもない。



試験、TOEICまたはTOEFLでもとにかく大変なのはその文章量の多さ。つまり今求められている英語力は早く処理できる力だということです。(リスニング、ライティングの話はまた後で)
そして速く読めるようになるために必要なことはたくさんの英文に触れていること。

どうして英文にたくさん触れる必要があるか。

たくさん触れるとで得られる二つの力

  • 未知の単語への対応力をつける。
  • 

    これはとても大事。いくら勉強したってどうせ全部はわかりません。(市販の単語帳の最初の方にも書いてあります。最初の800単語がセンター試験の80%をカバーしていますといった感じで。)
    分からないなら分からない時にはどうするかを知って訓練しておけばいい。

  • 文法力の瞬発力を高める
  • 

    学校の小テストや定期試験と違って各種「本番」の試験では様様なタイミングで様々な文法が出てきます。
    それをすぐに理解する必要があります。この力をつけるのにたくさん文章に触れる中で即座に考え判断する訓練は確実で有効なのです。
    確かにそうなのだが。

    英語にたくさんふれることを難しくしているところ

  • そもそも使い慣れていない英語で「未知」の知識に触れている
  • その未知の知識が興味の対象ではない
  • 

    例えば学校の教科書も同じで、内容は本当に充実しているんだけど、難しい。
    なぜなら(前回習ったことだって定着していないうちに)新しい文法なり構文を勉強して、それを使って自分の知らない世界を英語で知ろうとしているのだから。
    ※学校は単に英語を教えるだけでなく
    英語の勉強を通してざまなことを生徒に知ってもらうっていうことも目的に
    しているだろうから別に学校の勉強方法がダメだという話ではなく、
    むしろ教科書の内容は本当に良いのだから大人で英語の勉強している人はとにかく高校で使う教科書を100回くらい読んだらいい、
    それ位質の高い教材だとさえ思っています。

    

    本当に英語力をつけるのなら学校での学習と反復が必要。
    ここでいう反復というのは文法書を何度も解いて三単元のs, es, iesの細かな使い分けを完璧にするとかの話ではなく、
    たくさんの文章の中で習った文法や構文に出会うことです。

    英語は自分の得意分野に追い込んで勉強する

    

    「何を使って反復するか。ここがいちばんだいじな一番大事なところ。
    例えば部活でサッカーやってるとかバンドやってて洋楽大好きとか料理が好きとかなどなど。
    知っていることに英語で触れたほうが確実に英語の勉強は楽になります。
    楽になると継続性が生まれます。
    継続性は英語の力を伸ばします。

    

    自分の得意なこと、熱中していることなど、
    自分がその分野の話をある程度知っている分野の英文を見つけてたくさん読むといいです。
    ここでいう「たくさん」とは同じ文章を何度も読むでもいいし、
    選んだテーマの本やブログをとにかく読むでもいいのです。例えばサッカーが好きならこんなのもいいかも(レベルはすこし高めです。)wikipediaのサッカーのページより
    Ball
    Main article: Ball (association football)
    The ball is spherical with a circumference of between 68 and 70 centimetres (27 and 28 in), a weight in the range of 410 to 450 grams (14 to 16 oz), and a pressure of between 0.6
    and 1.1 bars (8.5 and 15.6 psi) at sea level. In the past the ball was made up of leather panels sewn together, with a latex bladder for pressurisation, but modern
    balls at all levels of the game are now synthetic.[67][68]

    

    とにかく英語の勉強は得意分野を使って勉強。これが学校の勉強とあわせ合わせた効率的な勉強になります。

    Pocket

    少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。