blog

英会話学校の費用対効果を高める”通う前に”できる有効対策

Pocket

英会話学校での授業の費用対効果を高めるか読む前にできる有効対策

日本で英会話のトレーニングをする難しさ

海外に留学やワーキングホリデーなどで滞在し、英語を身につけた人はレベルに差はあれたくさんいる。
しかし、そんな人たちでさえ、せっかく覚えた英語も日本という現状、英語を極端に必要としない環境では維持するのは難しい。
これが海外での語学学習経験がなければなおさらだ。
そんな時助け舟を出してくれるが語学学校だ。
しかし、何も事前に勉強しないで語学学校に通うのはかなりもったいない。
ここでは事前に何ができるかのだろうか。

英会話学校の費用対効果

英会話学校で渡される教材に従って勉強するという方法もあるが、これをすると大抵の場合、英語で中学、高校の内容を復習するということになりやすい。
それだったらもっと安価な場所で再学習をしたほうが経済的に得が多い。
そういう使い方ではなく、当たり前な話だが、英会話なのだからとにかく会話に時間を割いてみたほうが良い。
では事前にできることとはなんだろうか。

事前にできること

英会話をこれから勉強し始めようとする人はとにかく「話さなければ」と焦る人が多い。
しかし、まずやるべきことは頭の中に英文のストックを増やしておくことだ。
汎用性の高い構文やイディオムを含める英文を頭の中に入れておくことが
学校に通う前にできる最も大事で有効なことである。
私はこのストックを増やしていくのに新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)がオススメだ。
新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)
なかなか古い言い回しもあるようだが、それこそそれが古いかどうかは目の前の先生に聞いてみればいい。
これを1-300くらいまでがむしゃらに覚えてから語学学校に行く必要があるのかどうか、考えてみたらいい。
そして通う期間を自分で決めてその間に700文覚えるという決意をするのが良い。

これで間違えなくあなたの英語力は「読む」「書く」「聞く」「話す」という4技能で飛躍的に向上する。
「例文が古い」とか、「使わない表現だ」とか結構その例文のクオリティに関して言われているが、まずは覚えてしまって良いと思う。
その表現が古く使い物にならないのなら英会話学校に行って修正すればいいだけだ。
古いかもしれないし、使わない表現かもしれないが、「ブロークンイングリッシュ」というのでは無いので安心して良い。

英会話学校は間違える場所、悔しい思いをする場所

とにかくたくさん頭に例文がストックできて、この状態で英会話学校に行くのなら、効果は倍増する。
せっかく覚えた例文を会話の中で使うチャンスがあったのに使えなかったり、言おうと思ったら頭が真っ白になってしまったりと
色々なことが授業中に起こる。そしてその時に悔しい思いをすると次は絶対言えるようにしようとか思ってそのフレーズをあなたは繰り返し読み直すことになる。
そうして英会話学校でのあなたの時間は素晴らしいものになっていくのだ。

まとめ

英会話学校は教室での勉強ではない。
英会話学校は試験会場だ。
覚えた大量の英文を駆使してコミュニケーションをとる試験会場だと思って利用するのがあなたの英語力を急速に高めてくれる。

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。