book review

TOEFL・TOEICと日本人の英語力 鵜飼久美子

Pocket

書評

TOEFLTOEICと日本人の英語力

鵜飼久美子

講談社現代新書

Amazon

この本はTOEFLTOEIC、英検といった英語資格学習という迷路に迷い込み、自分がなぜこの迷路に入ったのか、そもそもこの迷路自体が一体何なのか、まったくもってわからなくなってしまった人に、一筋の光を示してくれる本である。

などと大仰に書きましたが、要はそもそもなんでTOEICなの?なんでTOEFLの高得点を目指すの?TOEICTOEFLを勉強する意味って何?といった根本的疑問を、TOEICTOEFLとはなんぞや、といったところから分析し、どういった心構えで英語学習を進めていくべきなのかを解説してくれる本です。

書評を進める前に断っておきますが、この本にはTOEICTOEFLなどで高得点をたたき出すためのコツであったり、効率的な勉強法といったテクニック的なことは一切書いていません。むしろ、「高得点を取らなきゃ!」という脅迫観念をぶち壊すのが目的なので、そういったものを求めている方は、がっかりするかもしれません。でも、「そんならいらないや」という前に、是非一読して欲しい内容です。

本書の特徴として気になったのが、学術書や論文、新聞などをしっかり引用し、また本の最後にちゃんと参考文献がずらっと並んでいること。これはつまり、この本が著者の印象論や体験談だったり、思い込みで書かれた本ではなく、ちゃんとアカデミックな論法に沿って書かれていることを意味します。よく本屋さんなどで、「私はこうして英語を勉強した」とか「日本人の英語は○○だから劣っている(だから日本の英語教育は間違っている)」といった内容の本が溢れていますが、そういった本とは一線を画する、信頼の置ける内容だと言えます。だからといって小難しい口調で書かれているわけでもなく、新書らしく数時間でスラっと読める内容となっています。大学生はもちろん、高校生にも参考になるでしょうし、社会人が読んでも十分意義のある本だと思います。ただ、発行が2002年なので、もしかしたら(各国の平均点などの)データが古くなっているかもしれません。しかし、本書の伝えようとする本質は、今もなお色褪せてはいないと断言できます。

本書の内容で興味深かったのが、TOEICなどの試験はただの試験で過ぎず、またその人の言語能力、ひいてはコミュニケーション能力を完璧に判別、評価するものではない、と両断しているところ。またさらにそこから踏み込んで、そもそも英語習得は人生設計の一部であり、またそれを決めるのは自分自身の意思である、というところ。ちょっと長いですが引用してみますと、

P152

独自の意見を持ち、つたない英語を最大限駆使して、結果として説得力ある交渉を行えるが、単なる「試験」の結果にその力が反映されなかったからといって、嘆く必要があるのか。

P156

何かの技術を持っているかどうかを判定するのが資格であり資格試験であるとするなら、英語の場合はまず、何のための英語化、何のための試験か、を冷静に見極める必要がある。どのような目的のために、いかなる英語が必要なのかを考えた上で、真の実力を獲得することが先決ではないか。そして、どのような英語が必要かということは他の誰が決めるのでもなく、自らが自分の人生設計を立てる上で決めるのが基本である。

P157

我々は、どこの誰に言われたからではなく、何のために英語が自分にとって必要なのかを自らに問うべきである。

英語学習が自分の人生設計に繋がっているなんて、なかなか考えませんよね。どうしても、受験で必要だから~だとか、就職に有利だから~だとか、そんな(よくわからない)理由で英語学習を捉えがちですが、そうじゃない、と。あなたがどうやって生きていきたいか、それを叶えるために、ではどういった英語が必要で、どういった学習が必要なのか、それを考えるべきである、と。

よくわからない強迫観念に追われて、ただなんとなく英語の参考書を読んだって、身に入らないし、なによりおもしろくないですよね。そうじゃなくて、私はアメリカの大学に進学したい(だからTOEFLを受験する)、私は海外と折衝する部署に配属されたい(だからTOEICを受験する)、といった、目的意識があると、学習効果が格段に現れるものです。肝心なのは、そこに主体性があること、自らの意思が働いていること。つまり、「自分の人生を自分で切り拓いている」ことです。

ただ本書でも指摘していますが、だからといってTOEICTOEFLなどが、その人の英語言語能力を完璧に評価するわけではない、ということを頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

長くなりましたが、今ちょうどTOEICTOEFLの学習で行き詰まっている方は、参考書を読むのを2、3時間ばかりやめて、本書をコーヒー片手に読んでみてはいかがでしょうか。あなたの英語学習が、人生を切り拓く始まりとなりますよ。

(津)

Pocket

少人数だからできる生徒の興味関心に合わせた英語指導!高校入試から英検、TEAP、GTECなど各種英語試験まで英語学習を全面サポートする川口市にある英語塾です。